PaoChai中国語独学完全マップ【最効率の勉強法】

中国語勉強法の詳細を全公開!20レベルに分かれた数百のタスク(1,000時間)で最も効率的に本格的な中国語独学コンテンツ!やる気ある学習者を、中国語全くの初心者からコア能力完成(HSK最上級6級に合格目安)の地点までご案内します。

音読のコツ(単語から文へ)

発音基礎が固まったら、次は文の音読をします。「410音節表」と「声調20パターン」で要素要素の発音はできるようになりましたが、次は「文」そして「文章」をスムーズに読むことが求められます。

そのために、音読(文、文章の音読)を沢山行います。

(1)文を読む方法

まず、前提として発音の「自己モニター能力」が必要です。これは、母音、子音、声調の観点で、自分の発音が問題ないか自分で自信を持って判断できることです。

  1. まずは、限界までゆっくり発音して、母音、子音、声調を一文字ずつ最大限丁寧に正確に発音します。
  2. 回数を重ねて慣れてきたら徐々にスピードを上げます。(時間を測って、正確性を保ちつつ速く読めるように)

※ピンインを正確に読むことに慣れたら、漢字だけ見て読みましょう(意味に集中できる分、スムーズになります)

f:id:language-runner:20210221182034p:plain

(2)文(文章)を読む(音読)のコツ

上記に加え、語調や語感を掴むために以下も混ぜながらトレーニングしていきましょう。

①音声の特徴を書き込む

ネイティブの発音を聞いて、ピンイン以外の音声の特徴を確認しテキストに書き込みます。

  1. ポーズ(区切り):/
  2. 強調: V
  3. 音のつながり:ー
  4. 速く発音されているフレーズ:→
  5. 弱く発音されている箇所: ( )

②リピーティングする

ネイティブの発音を数秒などこまめに止めて、リピーティングします。頭を使わず、聞こえたとおりに感覚的に再現します。

③区切りごとに何回も読む

ネイティブの発音の音声で、1つのまとまりで発音されているところを、連続で10回以上繰り返し発音して、全体を読みます。

例えば、

慢跑的时间取决于慢跑者的训练程度
mànpǎo de shíjiān qǔjuéyú mànpǎozhě de xùnliàn chéngdù

このような文であれば、

慢跑的时间 / 取决于 / 慢跑者的 / 训练程度

と分けて、

慢跑的时间 × 10回

取决于 × 10回

慢跑者的 × 10回

训练程度 × 10回

と読み、

全体を

慢跑的时间取决于慢跑者的训练程度 ×10回

読んで、次の文に行き、文章の最後まで読みます。

④シャドーイングする

ネイティブの中国語の直後(1〜2秒後)に、ネイティブ音声に被せて発音します。ネイティブ音声の手がかりがない音読では、音節や単語ごとに区切られた発音になり、まとまりがなくスムーズに読めない可能性があります。ネイティブ音声を真似するようにすると、リズムを掴めます。中国語のスクリプトは見ずに行います。

スクリプトを見ながら、ネイティブ音声に同時に被せて読むオーバーラッピングという方法も、リズムを体得する上で役に立ちます。

⑤ディクテーションしてから音読に入る

新しい文章の音読に入る前に、まずディクテーションをしてから音読に入ります。そうすると、音に意識が向きやすくなります。

⑦文字を見ずに読む

ピンインを見ず漢字だけでも読めるようになったら、次は文字を見ずに、スクリプト(本)から目を離して顔を上げて、発音してみましょう。

つまり、一定時間記憶しておく必要があります。まずは、2〜3文程度やってみましょう。これにより、「決められたものを読む感覚」から、「意味を伝える行為として発話する感覚」へ移行できます。

⑧暗唱する

2〜3文の暗記ではなく、一定のまとまりのある文章を丸暗記し、意味を理解しながら発話します。これが暗唱です。

まずは、1分程度で発話できる200〜300字程度の文章がよいでしょう。

暗記するには、文の構造を(自分で作文として使えるくらいまで)把握し、各文やその繋がり、全体の意味を十分理解していないとできません。ただの音声だけの記憶というのは不可能です。1つのストーリーとして捉えることで暗唱できます。

ぎこちない発音から、スムーズな発音が身につき、文法や単語も“使える”レベルで鍛えられます。

**

以上、単語から文(文章)を上手に読むためのコツを紹介しました。

一人でもできますが、可能であれば、上手に読めているか定期的に適切なフィードバックをもらうようにしましょう。