中国語独学完全マップ

121のタスク(600時間)で最効率の中国語学習!やる気ある学習者を、中国語全くの初心者から基礎完成(HSK最上級6級に余裕で合格)の地点までご案内します。

D001(P00_01_S)全体マニュアル

「中国語独学完全マップ」は、科学的アプローチで最も効率よく“使える”中国語を身につける独学コンテンツです。!D001〜D121の121個のタスクを順番にこなしていくと(※)いうシンプル形式です。合計約600時間の学習となります。

やる気ある学習者を、中国語全くの初心者から基礎完成(HSK最上級6級に余裕で合格)の地点までご案内します。その気になれば一歩も日本を出ずに、高度な“使える”中国語力を獲得することが可能です。 

※各タスクはそれぞれ複数回繰り返し得て行う必要があります。

 早速以下、1つ目のタスクD001から始めましょう。このタスクでは、「中国語独学完全マップ」がどのように“使える”中国語を定義(目標設定)し、どのような学習計画を立て、具体的にどのように実行するか、学習の全体マニュアルが説明されています。

Keep It Simpleで学習を継続し頑張りましょう♪ 

 ーーー以下、タスクD001です。ーーーーーーー

■タスクID:D001

■レベル:P00

■本レベルの目標:「中国語独学完全マップ」の全体像の理解

■学習形式:読んで理解

■タスク目標:中国語独学完全マップ(全体)の目標・学習計画の理解

■タスク完了想定時間:60分

■想定必要サイクル数:1回

■タスク課題(終了条件):以下の個別タスク内容の通り学習を進め完了させてください。

ーーーーーーーーーー

■個別タスク内容

以下、「中国語独学完全マップ(全体)」の目標と学習計画(構成)を理解したら完了です。腑に落ちないところがあれば分かるまでコーチに質問してください。

 

◎タスク使用教材

本テキストのみ

↓↓↓↓↓

 ーーーーーーー

「中国語独学完全マップ」を使えば一歩も日本を出ずに、高度な“使える”中国語力を獲得することが可能です。 

「中国語独学完全マップ」やる気ある学習者を、中国語の基礎完成(HSK6級7割前後)の地点までご案内します。

1.正しく継続すれば中国語を身につけられる

まず、中国語を“使える”ようにするためには次の2点が必要になります。

  • 中国語を身につけるための基本トレーニングを知っている
  • 基本トレーニングを、必要な量、実行・継続している

これはあらゆる技術体系を習得するための鉄則で、楽器やスポーツについてもまったく同じことが言えるでしょう。ピアノやテニスを正しい学び方で計画的に習い、一定期間継続できれば誰でもかなりの腕前になります。もちろん世界的なコンテストに入賞したり、国際大会に出場などは才能やより圧倒的な練習が必要ですが、近所のイベントでベートーヴェンのエリーゼのためにを演奏したり、テニスで草トーで優勝するくらいは誰でも到達可能でしょう。中国語でもHSK6級の7割というような高度な水準を目指すにも、この程度の難易度であり、特殊な才能を必要とするものではありません。ただ、練習の実行と継続は避けられず、家にピアノがあるだけで弾けるようになったり、テニスラケットがあるからサーブアンドボレーができるようになることはありません。

2.目標設定と学習計画(“使える”=「コア能力」と「実践能力」)

以下、中国語学習の全体像です。基本はどの外国語でも同じだと想定可能です。日本人が馴染みのある英語学習を例に挙げると、多くの人が中学や高校で長年英語を学んできたのに、なぜ使えないのでしょうか?

中国語が“使える”とは何でしょうか?

中国語が“使える”とは、図1の中央にある「コア能力」が十分にある状態です。さらにこれが「実践能力」に変わると、より“使える”実感があるでしょう。

図1

f:id:language-runner:20200214185636p:plain

コア能力とは、リスニングとスピーキングに分けて考えると次の①〜⑤です。

  • リスニング
    • ①音声知覚
      • ポイントは、音素レベルで音を知覚できることです。音素とは、ある言語で、語と語の意味を区別する機能をもつ音声の最小単位のこと。
        • 中国語を聞いて、それをリピーティング(自分で同じように繰り返していえる
        • 或いは、ピンイン(発音表記)で記述できる
      • 例えば、wo3 shi4 ri4 ben3 ren2
    • ②意味理解
      • 音声知覚した音の意味を理解できることです。
        • 文法、単語、フレーズなどが瞬時に処理できることが必要です。
      • 例えば、wo3 shi4 ri4 ben3 ren2の音を知覚し、それが「我是日本人」であり「私は日本人です」と意味を理解できること
    • スピーキング
      • ③概念化
        • 伝えたいことを概念的にまとめます。最初のうちは、まず日本語で文章を作ればよいでしょう。
        • 例えば、「私は日本人です」
      • ④文章化
        • 中国語の文章を作ります。
          • 文法、単語、フレーズなどが瞬時に処理できることが必要です。
        • 例えば、「私は日本人です」→「我是日本人」
      • ⑤音声化
        • 用意した中国語を音にして発話できることです。
        • 例えば、「我是日本人」→wo3 shi4 ri4 ben3 ren2

この①〜⑤のコア能力は、“使える”能力であり、知っている知識を“使える”技術に変えるトレーニングをすることで高めることができます。なので、学習の大きな流れとしては以下のようになります。

基本的な学習の流れ

  1. 知識を理解する(発音・文法)
  2. 知識を技術に変えるトレーニングをする→「コア能力」を高める
  3. 「コア能力」を「実践能力」に変えるトレーニングをする

 一般的な中学高校の英語教育では①については十分行っていますが、②の「知識を技術に変えるトレーニング」が決定的に足りていません。だから、沢山勉強したのに“使える”という感覚が乏しくなるのです。中国語を学習する場合は、これを踏まえて効率的に学びましょう。

目標設定と学習計画についてより根本的な考え方は、本コンテンツ制作者のこちらのnote記事をご覧ください。

3.「知識を技術に変えるトレーニング」とは何か?

知っていることを、“使える”に変えることが語学で肝になります。そのために効果的なトレーニングが必要で、結論から言うとそれは「音読ジョグ」と「瞬間中作文」というトレーニングです。

まず、「知っている」と「使える」の違いは以下の通りです。

 

■知っている

中国語の助動詞「会」は、「人が元々もっている潜在能力によるもので、“できる”もの。また、学習したり、練習したりして、基本的に習得できる能力を表す時に使う」ということを知っている。

 

■使える

「彼は泳げますか?」と言いたいときに、それを単語と文法ルールから「他会游泳吗?」と変換でき、さらに伝わる発音で発話できる。例文の丸暗記ではなだめで、しっかりと単語とルールで組み立てることが必要です。

 

この「知っている」を「使える」ようにするには、次のような「意味行為」を反復して行うことで可能となります。

  • 意味・文構造を理解できる外国語の文を意味処理しながらひとつでも多く自分の中に取り入れる
  • 外国語の文法・構文に則った文をひとつでも多く作る

「中国語独学完全マップ」にほとんどの学習はこれらを実現できる「音読ジョグ」と「瞬間中作文」というトレーニングです。

 

4.学習計画(121個のタスク/合計600時間/20段階のレベル分け)

「中国語独学完全マップ」では、①と主に②を組み合わせ、コア能力をかなり高度なレベルまで高めるところまでサポートいたします。③については十分にコア能力が身につけば、後は実践の中で「使う」機会を持ち試行錯誤することで実践能力は自然に伸びます。会話や読書、日記などです。

表1

f:id:language-runner:20200219111041p:plain

「中国語独学完全マップ」ではコア能力を基に、上の表1のようにP1からP20までレベルわけをしており、各レベルにいくつかのタスクがあり(合計121個)ます。以下図2のように、20の各々のレベルで約30時間程度の学習があり、P20まで(累計600時間)到達することを目標にしています。

図2

f:id:language-runner:20200223022310p:plain

5.「中国語独学完全マップ」での具体的な学習方法

基本的な流れ

本タスク(D001)も含めて全部で121のタスクがあります。これを基本的に一つずつ「タスク課題(完了条件)」を完了させて終わらせます。

初心者からHSK6級7割合格までいけます。合計で600時間ほどの学習になるでしょう。ただし、この時間は集中して机に向かった時間です。だらだらと時間を過ごす学習はカウントしません。

①サイクル数

各タスクはそれぞれ複数回繰り返し(サイクル)得て行う必要があります。何回ほど繰り返すべきかの目安は各タスクの説明の冒頭に「想定必要サイクル数」として書かれています。タスクによっては10回や30回など繰り返して行う必要があります。

②タスク一覧早見表

レベル0〜20までのタスク121個(D001〜D121)は以下のタスク一覧表から参照できます。タスクの学習は一つずつこちらのタスク表から個別タスクマニュアルを参照し進めてください。

開始前の準備

まずは、以下のページから教材と学習ツールを準備しましょう。

クリア基準について

タスクのクリアについて

タスク一番早見表を見ると、各タスクの目標は次の3種類あることがわかります。

  1. 目標・学習計画の理解
  2. 知識の理解
  3. 技術習得

1と2については、学習者自身で完全に理解したと思えばそれでクリアとします。

3の技術習得について、P01〜P04についてはトレーニングの録音を適切な評価者に聞いてもらい判断してもらうのがベストです。技術習得のタスクは実際に発音したり、文法を使って瞬間的に発話したりするトレーニングですが、タスクの最後に自分の発音を録音します。一人で独学する場合は、ご自身で録音を聞いて見本と聴き比べて評価してください。ネイティブや上級者の友達に聞いてもらい評価してもらうのもいいでしょう。(PaoChai「オンライン中国語コーチング」をご利用の方は専門的に評価フィードバックします)

また、P05〜P20は上述の録音評価に加えて、該当タスクの教材(音声)のどの中国語のどの部分だろうと、ほぼ完璧にリピーティングができる状態になっていることがクリア条件です。

レベルのクリアについて

各レベルに属する80%以上のタスクをクリアすればそのレベルをクリアとします。

いくつかの注意点

  1. 各タスクは「想定必要サイクル数」があります。本タスク(D001)は1回となっており、一度完了すれば問題ありません。
  2. 基本的にタスクIDの順番ごとに学習を進めていけばいいですが、各レベルでの習得具合が7〜8割くらいに至ってから次のレベルに進みましょう。 

6.独学において生じうる4つの問題

中国語を学ぶ際、学校に行ったり先生に教えてもらうことなく、自分で学習を進める場合、一般的にどのような問題があるでしょうか。以下、考えられうる本質的な4つの問題を説明します。

prob
問題1:目標設定とそのための学習方法(勉強法)が分からない

中国語を初めて学ぶのであれば、中国語学習は未知の領域です。そうであれば、どのような目標を設定して、そのために効率的な学習計画をどのように立てるかは分からないでしょう。中国語の学習参考書は沢山ありますが、目標設定から計画、さらに毎日何をすべきかまで落とし込んだものはほぼありません。その道の達人、つまり自ら試行錯誤して中国語を高度なレベルまで習得した人などに相談して決めたいところです。

往々にして、一般的な中国語スクールでは目標設定や計画に対して十分に検討されていません。「知識を技術に変えるトレーニング」が圧倒的に不足しています。

問題2:学習中の疑問を解決しづらい(知識や技術について理解できない)

発音知識や文法知識について教材を読んだり、動画を見たりしても理解できないという問題が発生します。ネット上の情報や様々な書籍を読む等の努力すれば自力で解決できるでしょうが、実際そこまでするのは難しいですし、効率が悪いです。既に理解している人から分かりやすい方法で説明してもらうのが理想的です。

問題3:(道を誤る問題)間違った理解や習得の可能性がある

教材を自分で読んで正しい知識を得て、トレーニングを重ね正しい技術(発音等)を身に着けたと思っていても、それが実際には間違ったものである可能性があります。例えば、中国語学習者Tさんは、長らく誰にも注意されることなくqu xu juなどの発音を長い間ずっと間違えて覚えてました。早い段階で是正されることが望まれます。

問題4:モチベーションを維持し学習を継続するのが難しい

目標達成において継続が肝となります。しかし、語学において成果がすぐに出るものではないですし、初期の学習は知識を吸収したり反復トレーニングなど単調なものが続き、学習をあきらめたり放置しがちになります。

 7.学習における「中国語独学完全マップ」の位置づけ

上記で、独学における4つの問題を説明しましたが、「中国語独学完全マップ」は問題1を主に解決しています。しかし、依然としてその他の問題の可能性は残されることをご留意ください。

「中国語独学完全マップ」は一人で学習をする独学として使用することもできますが、より効果的で効率よく学習したい場合は、PaoChaiが別途提供している「オンライン中国語コーチング」をご利用ください。

以下、「一般的な独学」や「中国語スクール」での学習、「中国語独学完全マップ」を使った独学、さらには「オンライン中国語コーチング」を使った場合の特徴をまとめています。

f:id:language-runner:20200221154122p:plain

まずは、【C】「中国語独学完全マップ」を使った独学を試してみてはいかがでしょうか?

加油!(頑張って!)

■参考文献

  • 森沢洋介『英語上達完全マップ』
  • 岡田祥吾『英語学習2.0』
  • 門田 修平『外国語を話せるようになるしくみ シャドーイングが言語習得を促進するメカニズム』
  • 門田 修平『シャドーイングと音読の科学』
  • 新多 了、 馬場 今日子『はじめての第二言語習得論講義: 英語学習への複眼的アプローチ』
  • 白井 恭弘『外国語学習の科学-第二言語習得論とは何か』

※「中国語独学完全マップ」は中国語学習の学習効果や有効性、正確性、真実性等について保証するものではございません。内容に共感される方のみご利用ください。