PaoChai中国語独学完全マップ【最効率の勉強法】

中国語勉強法の詳細を全公開!20レベルに分かれた数百のタスク(1,000時間)で最も効率的に本格的な中国語独学コンテンツ!やる気ある学習者を、中国語全くの初心者からコア能力完成(HSK最上級6級に合格目安)の地点までご案内します。

作文トレーニング

作文トレーニングの目的

f:id:language-runner:20211228210316p:plain

中国語を話せるようになるには、「作文」トレーニングが効果的にです。中国語を話す場合、次の3ステップが必要になります。

  1. 概念化:日本語で言うことを決める
  2. 中国語化:日本語で決めた文を(単語と文法を使って)中国語にする
  3. 発話:音声として発話する

話す場合、「2」の中国語化の能力が重要視されがちですが、「1」の概念化も同様に大切なステップです。誰が何をしたのか等、何をいいたいか明確でない概念を中国語にすることはできません。

この「概念化」と「中国語化」を鍛えることができるのが、自分で書く内容を決める「作文」トレーニングです。

作文トレーニングのやり方

f:id:language-runner:20211228210342p:plain

1つのテーマについて、まず10文程度で日本語を作文し、それを過不足なく正確に中国語に翻訳します。

  1. “使える”語彙や表現の幅を広げることが目的なので、辞書を引いて積極的に書きたいことを書きます。(不自然な表現になる可能性がありますが、そこはネイティブに直してもらって、覚えましょう)
  2. 日本語をまず書くときは、主語述語が明確で無駄のない文にしましょう。
  3. 日本語から中国語への翻訳は、単語と文法ルールを使って変換してください。例文丸暗記や自動翻訳などは使ってはいけません。
  4. 日本語から中国語への翻訳は、日本語の意味を過不足なく忠実に翻訳してください。そうでないと、何ができていないのか、どこを間違えたのかチェックできません。

書くネタがなくて困りましたら、Good&New(グッドアンドニュー)という題材がおすすめです。

なぜ日本語を書くか?

  1. 母語(日本語)の語彙力に近づけるため
  2. 自分で言いたいことなので、身につきやすい
  3. できるだけ自分の意図を過不足なく表現するため

※「日本語で発想していては中国語は身につかない、いきなり中国語で考えて、中国語で作文するべきだ」という考えもありますが、一定レベルまではこの方法を推奨しています。

以上です。