PaoChai中国語独学完全マップ【最効率の勉強法】

中国語勉強法の詳細を全公開!20レベルに分かれた合計320のタスク(1,000時間)で最も効率的に本格的な中国語独学コンテンツ!やる気ある学習者を、中国語全くの初心者からコア能力完成(HSK最上級6級に合格目安)の地点までご案内します。

中国語の有気音と無気音

中国語の有気音と無気音について正しく理解し、発音、聞き取りができるようになりましょう。

(1)日本語にある「有声音/無声音」の区別

日本語には、声帯の振動の有無で有声音と「無声音」の区別があります。
例えば、「パ」と「バ」、「タ」と「ダ」、「カ」と「ガ」などです。
無声音(声帯の振動のない)のp,t,kと、有声音(振動のある)のb,d,gです。

※日本語の音すべてにこの対立があるわけではありません。ア行、ナ行、マ行、ヤ行、ラ行、ワ行の音にはこれらがありません。英語も日本語と同じように無声音と有声音という区別があります。

(2)中国語の「有気音/無気音」

しかし、中国語には、日本語にある「有声音/無声音」の区別がありません。その代わり、「有気音(息が強く出る音)」と「無気音(息がほとんど出ない音)」という区別があります。

整理すると以下のようになります。

有気音 p t k q c ch
無気音 b d g j z zh
※その他 m f n l h x s sh r

中国語では、子音を発音する時強く息が出るか、ほとんど息が出ないか、で違いを認識しています。

f:id:language-runner:20200203190223j:plain

(3)有気音の特徴は声の大きさではなく「息の音」

有気音の発音は次の3つの段階からなります。

①閉鎖(空気の流れをせき止めていた部位)を開放する段階
②息が持続する段階
③母音の段階

この②が重要です。

例えば、
中国人がtaを発音する場合、

①tの音
②「ハー」という息の音(声帯はならない)
③「アー」という母音

となります。

日本人がふつうに子音を発音すると、①と③だけになり、②がありません。そうすると、中国人には「無気音」に聞こえてしまいます。ですから、有気音のつもりで「他 ta1 (かれ)」と発音しても、無気音のda1に取られる可能性があります。

(4)発音表記

ピンインの場合、中国語の「他(かれ)」と「打(打つ)」の音はtaとdaと表記されます。
これは中国がピンインの表記を検討した際にアルファベットを有効に使うために決まったものです。

一方、国際発音記号では、「他(かれ)」はt‘a 、「打(打つ)」はtaと表記されています。
つまり、両方とも日本人にとっては「た」のように聞こえることがありえます。中国人にとって重要なのは、上述の「息の音」ですので。

(5)日本語と有気音/無気音

日本語のように声帯が振動するか否か(有声/無声)は、中国語では全く無視されます。

例えば、中国語の「打da3」なら無気音なので、息が出ていなければ問題ありません。基本的には有声か無声かはどちらでもよいことになります。つまり日本語の「た」のように聞こえても、「だ」のように聞こえてもどちらでもよく、ポイントは息の強さ(daの場合は息が出ない)です。

中国人にとって、日本人の発音する「わたし」の「た」は無気に近いので、ピンインでいうとtaではなくdaと認識する傾向があります。なので、日本語学習中の中国人が自分のことを「わだし」と発音する理由がわかります。

一方で、日本語の「たわし」の「た」は有気音に近く、中国人にはtaと捉えられるようです。日本人は意識していませんが、同じ「た」なのに前後の発音により聞こえ方が変わるのは、日本語学習中の中国人にとって大変やっかいな問題です。

(他にも、「とまと」の最初の「と」と最後の「と」は、日本語の発音では同じ音に分類されますが、中国語の「有気音/無気音」という発音体系では、前者は有気音、後者は無気音となるといいます。)

(6)中国語学習者はどうするべきか

発音する際に(3)に書かれた有気音のポイントを意識して発音しましょう。①息のせき止めと、②息だけの音に気をつけます。また、教科書のCDなどでこの違いを意識して何度か聞いてみましょう。

発音に関して、日本語の中にも有気音と取られるような発音(上述の「たわし」)もあるわけなので、あまり、難しく考える必要はありません。

まずは自分が発音できるようになれば自然と聞き取れるようになります。