中国語独学完全マップ

121のタスク(600時間)で最効率の中国語学習!やる気ある学習者を、中国語全くの初心者から基礎完成(HSK最上級6級に余裕で合格)の地点までご案内します。

1日10時間✕半年で通訳!中国で最も有名な日本人”加藤嘉一”の中国語学習法

中国語を学習されているみ皆様なら、”加藤嘉一”という名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

WIKIによると、加藤 嘉一(かとう よしかず、1984年(昭和59年)4月28日 - )さんは日本人国際コラムニスト、ブロガー。「中国で一番有名な日本人」と呼ばれていたようです。過去形ですが、それはどんどん新しい日本人が活躍しているので致し方ないことでしょう。今日は彼の中国人よりうまいとも言われる中国語の秘訣に迫ります。

まずは、加藤さんが中国語を流暢に話している動画を見てみましょう。あるトーク番組で「日本をどう理解するか」というテーマで「若者は家を買ったほうがいいか」「何が若者が頑張るモチベーションになるか」などについて熱く語っております。

加藤嘉一さんは中国語の能力が凄いのは言わずもがな、その主張の内容が明確で理路整然と話す力に長けています。

経歴を見てみましょう。

静岡県の農家の家庭に長男として生まれる。山梨学院大学附属高校卒業後、中国へ留学。北京大学を卒業し、同国際関係学院大学院修士課程修了。上海復旦大学新聞学院講座学者、慶應義塾大学SFC研究所訪問研究者、フェニックステレビコメンテーター、米ハーバード大学行政大学院・ケネディスクールAsh Centerフェロー(客員研究員)、などを経て、現在、世界経済フォーラムGSCメンバー、察哈尓学会研究員、遼寧大学客座教授などを務める。
また、国際コラムニストとして、『フィナンシャル・タイムズ』(中国版)、『ニューヨーク・タイムズ』(中国版)、香港『亜洲週刊』、『広州日報』、『The Nikkei Asia Review』、『日経ビジネスオンライン』、『ダイヤモンドオンライン』、などでコラムを執筆。

(Wikiより)

アカデミックな経歴が目立ちます。2012年に週刊文春に経歴詐称(東大に合格したが入学しなかった、という虚偽)が暴かれて以来、日本のメディアに出ることは減ったようです。しかし、拠点は遼寧大学におき、ダイヤモンドオンラインや海外のメディアで情報発信を発信し続けています。昔から国際関係の軸はぶれていません。

今回は語学の観点で加藤嘉一さんをご紹介します。中国語を身に着けたその努力は本物ですし世間に流されず英語と中国語を使い国際情勢の研究を粛々と継続している加藤さんは、日本人では極めて稀な存在といえます。

加藤嘉一さんは江蘇教育テレビの「成長」という番組に出演したとき(おそらく2011年)自らの生い立ちや中国語学習について詳しく語っています。

kato
(加藤嘉一:成长在中国)

語学はお金をかけなければかけないほど良い

徐平(南京政治学院、南京艺术学院,主攻新闻和播音主持专业)さん(司会者)が聞き手となり、加藤さんは生い立ちや中国に来た頃の話などを「成長」を軸に語っています。加藤嘉一の中国語は日本人にとって真似しやすいので、是非これを繰り返し見て、伝わる中国語の参考にしましょう。
さて、本題の中国語学習についてです。。

番組の真ん中辺りで2分間ほど中国語をどうマスターしたのかを語っています。
まず、「語学はお金をかけなければかけないほどよい!」と断言しています。これには特に理由を述べていないので何とも言えません。たしかに、かからないに越したことはありませんが、優れたカリキュラムやポイントを理解している達人から学べるのであれば自己投資としてお金をかけていい、という主張もありえるでしょう。

語学習得の3つの方法

そして、われわれが注目すべきは、加藤さんが実践した中国語の語学の3つの方法です。

  1. アイス売りのおばちゃんと毎日8時間話す
  2. 北京大の警備員から「人民日報」を貰いそれを暗唱する
  3. ラジオを聴く

ということです。たしかに、どれもお金がかかりません。

そして、この番組では述べていないですが、3ヶ月でHSK最上級合格、半年で通訳、一年半で同時通訳をするレベルになったそうです。(オフィシャルサイトより)

毎日10時間中国語を学習すれば半年で中国語通訳になれる

本当にこんなことをしたのかと思ってしまいますが、加藤氏の流暢な中国語を聞けば3つの方法を実践したというのも現実的と思えます。

1が8時間、仮に2と3が1時間ずつなら毎日の中国語学習時間は10時間です。3ヶ月で、900時間、半年で1800時間です。

もちろん、通訳となるとどれほど正確性が求められる場面か、どのような領域の話題か、などにより難易度は変わりますので一概には「できる」というのは難しいです。

語学の方法というよりも、加藤さんのように一つのことの真っ直ぐにコミットする力強さを見習いたいものです。