PaoChai中国語独学完全マップ【最効率の勉強法】

中国語勉強法の詳細を全公開!20レベルに分かれた合計121のタスク(600時間)で最も効率的に本格的な中国語独学コンテンツ!やる気ある学習者を、中国語全くの初心者からコア能力完成(HSK最上級6級に合格目安)の地点までご案内します。

中国語検定【中検】とは?「訳す能力」を測る日本人学習者向けの試験

中国語検定は日本人学習者が対象

中国語検定試験(「中検」)は、「HSK」とともに中国語の二大メジャー資格試験の一つで、一般財団法人「日本中国語検定協会」が運営しています。中検は,漢字文化圏に属し幼時より漢字・漢語に親しんでいる日本人学習者を主たる対象としています。一方で、「HSK」は国際性を重んじ大半が非漢字文化圏に属する世界各国の学習者を対象としています。
今回は、中国語検定についてその特長について説明していきます。

test1

中国語検定が測る中国語能力とは?

中国語検定は「訳す」能力を重視

一般的に、日本の外国語学習では,「読む」「聞く」「話す」「書く」能力,いわゆる四技能の習得が求められています。中検では、これに加え、中検では母語と外国語の関係を処理する能力、つまり「訳す」能力を測ります。

 

「訳す」能力は,母語をマスターしている者が外国語を学習する際に非常に大切な能力となります。なぜなら母語の経験をもとに外国語を学習するためです。例えば日本語のネイティブスピーカーは,日本語で話す場合に相手との関係によって,失礼にならないことばを選んでコミュニケーションを図りますが,外国語を学習する場合も,失礼にならない表現はどれか,自分の気持ちをぴったりと表現することばはどれか,日本語との対応関係から覚えていきます。これが「訳す」能力です。「読む」「聞く」「話す」「書く」の四技能は,いずれも「訳す」能力を必要とするのです。「中検」は,学習者の外国語能力をより正確に測るため,特にこの「訳す」能力を重視し,それを測ることに力を入れています。

外国語の能力「運用能力」と「読解能力」

さらに,四技能の測り方についても,「中検」は外国語学習と運用のプロセスを分析し,より科学的に設計しています。一般的に,外国語の能力は次の「運用能力」と「読解能力」とに分けられます。大雑把に四技能で言えば,「話す」「書く」能力は「運用能力」,「読む」「聞く」能力は「読解能力」に傾いています。

 

■「運用能力」

道を尋ねたり,友達と話したりするようなアウトプット的な操作の能力。こちらは,正確さと熟練度を必要としますが,語彙や文法の量と範囲が限定され,例えば,買い物だけの会話や自己紹介など,内容によっては短期間で身につけることができます。「運用能力」は次の「読解能力」に比べてしっかりと身につけた,より限られた語彙,文法によって実現されます。

 

■「読解能力」

雑誌や新聞を読んだりテレビを見たりするようなインプット的な操作の能力。この能力は,場面や前後関係をある程度ゆっくり考えることができ,必要な熟練度は「運用能力」ほどではありませんが,母語の知識や社会常識などもよりどころにして広く外国語を理解しなければなりませんので,長期に渡る蓄積が必要となります。「読解能力」は「運用能力」の語彙や文法の他に,上手に使えないかもしれませんが,見れば分かる,あるいは聞けばおおよその意味が理解できる語彙と文法の知識,その外国語の背後にある文化や社会に関する知識などによって実現されます。

 

「中検」は,下の級では「運用能力」,上の級では「読解能力」を測る問題の比重が上がっています。よく「3級は受かったが,2級の壁が高い」といった声を聞きますが,「運用能力」と「読解能力」の関係を理解し,「運用能力」をしっかりと固めつつ,「読解能力」を「広げる」ことが合理的な方法ではないかと考えます。

中国語検定の日程と試験会場

3月、6月、11月の年3回で、ほとんどの都道府県で受験可能です。ただし1級は年1回11月のみ実施します。

中国語検定とHSKの比較

「中検」と「HSK」は同じ中国語の検定試験ですが性格を異にする試験です。以下、中国語検定の公式氏サイトに書かれているHSKとの違いです。


  • 「中検」は,中国語読解及び聴解能力のほか翻訳能力を問うものです。
  • 「HSK」は,中国語による設問に中国語で答えることを求め,中国語の運用能力のみを問うものであり翻訳能力は問われておりません。
  • したがって,中検は日本の企業での活躍を目指す方,HSKは中国の大学本科への留学や中国企業で活躍を目指す方に適していると言えるでしょう。

 

レベルの比較は以下のようになります。中検では1級が、HSKでは6級が最高レベルとなります。試験の目的も出題形式も異なるため厳密な比較はできませんので、およその目安となります。HSKと中検

これで見ますと、HSK6級の範囲を超えて中国語検定の準1級と1級があります。中国語検定で測れるレベルはHSKよりも広いことになります。冒頭に記載した通り、幼時より漢字・漢語に親しんでいる日本人学習者を主たる対象とする「中検」と,国際性を重んじ大半が非漢字文化圏に属する世界各国の学習者を対象とする「HSK」とを比較することは困難です。

まとめ

以上、いかがでしょうか。もう一度まとめると、

・日本人向けの検定試験であり、「訳す能力」が重視される
・下の級では「運用能力」、上の級では「読解能力」を測る問題の比重が上がる
・3月、6月、11月の年3回で、ほとんどの都道府県で受験可能
・HSKは中国語の運用能力を主に測り、中国語検定では翻訳能力を測る
・HSKは中国での就活や留学に役立ち、中国語検定は日本の企業で役立つ

中国語学習者のみなさまは、自分が伸ばしたい語学力を測る試験を目指されるのがよいのではないでしょうか。